【最新】Quanta(クオンタ)QNTUの動向を徹底追跡

ICOで期待された仮想通貨Quanta(クオンタ)QNTUトークンも上場直後からICO割れでガッカリですね。でも世界初のブロックチェーン宝くじとして活動はこれからです。 Quantaの活動状況やQNTU価格チャートなど将来性について徹底追跡してみます。

QNTU上場取引所
Bit-Z:https://www.bit-z.com/
BitoPro:https://www.bitopro.com/
クリプトピア:https://www.cryptopia.co.nz/
Lykke:https://lykke.com/
HitBTC:https://hitbtc.com/

QNTUを保有しているメリット

ICOで期待してQNTUを購入した人も多いと思いますが、上場するとICO価格を大きく割れこむ状況になっています。Quantaの事業が軌道に乗れば価格が暴騰すると期待したいところです。

2019年になりQuantaは宝くじ会社を買収したり、実際にブロックチェーン宝くじを始めました。価格が上がると思われましたが、QNTUの価格は停滞したままです。

ところでQNTUを持っている意味ってなんでしょうか?

多くの方がユーティリティトークン「QNTU」を持つ意味を知らなかったようですが、1月26日にテレグラムの Quanta Chatにて公式メッセージが掲載されました。以下がその原文です。

Hi everyone, here is some more information regarding QNTU and its use cases:

QNTU is the utility token of Quanta Technology (Quanta), which is designed to be a multi-purpose utility token with the objective to leverage the business development and value of Quanta.

Whilst the business use cases of QNTU will be continuously expanding, indicatively QNTU will be used in the following cases:

1. As the means of pledge for the Affiliates of Quanta in the jurisdictions that Quanta will be expanding its business (for example, affiliates of Quanta Lottery will pledge an amount of QNTU, and will be paid commission in QNTU)

2. As the means for Quanta to recompense its Affiliates (as the example shown above)

3. For Quanta to incentivize its followers, supporters, partners and investors

4. For Quanta to incentivize its blockchain lottery players and VIP lottery players as the mean of pledge and of recompense for the Quanta players of to support the RANDAO process (in the future)

5. For Quanta to provide to the QNTU holders the possibility to buy tickets with QNTU (in the future)

6. For Quanta to design and conduct cross-selling policies and promotion campaigns with commodity and services channels other than lottery channels.

QNTU is currently listed in 6 crypto exchanges, most of them very well acknowledged.

The trade liquidity and value of QNTU, whilst currently quite reasonable, are excepted to drastically increase in parallel with the prospective business expansion of Quanta and the design of even more business use cases for QNTU.

I hope this solves your understandable concerns about the usefulness of QNTU.

We apologise for the delay in responding to QNTU-related questions

ちょっと分かりづらいのでgoogle翻訳を掛けてみました。

皆さん、こんにちは。ここでQNTUとそのユースケースに関するより多くの情報があります。

QNTUは、Quanta Technology(Quanta)のユーティリティトークンです。これは、Quantaの事業開発と価値を活用することを目的とした多目的ユーティリティトークンとして設計されています。

QNTUのビジネスユースケースは継続的に拡大していますが、QNTUは次のような場合に使用されます。

1. Quantaが事業を拡大することになる管轄区域内のQuantaの関連会社に対する誓約の手段として(例えば、Quanta Lotteryの関連会社はQNTUの金額を誓約し、QNTUにおいて支払われる)

2. Quantaがその関連会社に報酬を支払うための手段として(上記の例のように)

3. Quantaがそのフォロワー、サポーター、パートナー、そして投資家にインセンティブを与えるため

4. Quantaがそのブロックチェーン宝くじプレーヤーとVIP宝くじプレーヤーにインセンティブを与えるため (将来的には)RANDAOプロセスをサポートするというQuantaのプレイヤーに対する誓約と報酬の手段として

5. QuantaがQNTU保有者にQNTUでチケットを購入する可能性を提供するために(将来)

6. Quantaは、宝くじ以外の商品やサービスのチャネルを使用して、クロスセルポリシーおよびプロモーションキャンペーンを設計および実施します。

QNTUは現在6つの暗号交換にリストされています、それらのほとんどは非常によく知られています。

QNTUの貿易流動性および価値は、現在のところかなり合理的ですが、Quantaの将来の事業拡大およびQNTUのさらに多くのビジネスユースケースの設計と並行して劇的に増加するとは限りません。

これがQNTUの有用性についてのあなたの理解できる懸念を解決することを願っています。

QNTUに関する質問への回答が遅れたことをお詫び申し上げます。

ん~これをどう受け止めるかは難しいですね。

宝くじは国によって法規制がまるで違います。

簡単に広めることは難しいかも知れませんが、

ブロックチェーン宝くじは、これから確実に広がると信じています。

問題は保有しているQNTUの価格が上がるのか?という点です。

期待が大きかったのに1/10以下になっています。

現在の価格が安いだけに損きりするか買い増しか?

いや~悩むところですね。